さらばロングヘア生活

生活習慣病の一つである脂質異常症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂質の数値が、正常値以上になっている状態のことを示します。

生活習慣病の脂質異常症の内容

さらばロングヘア生活 生活習慣病の一つである脂質異常症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂質の数値が、正常値以上になっている状態のことを示します。血液中の脂質の割合が増すと血液がドロドロの状態になるので、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などが起きるリスクが高まります。また、脂質異常症の自覚症状はほとんどないことでも有名で、発覚した時にはすでに深刻化していたり、最悪の場合ある日突然、心筋梗塞などの発作におそわれるという場合もあります。予防方法としては、毎日きちんと健康診断を受診し、脂質異常症の恐れがあるという診断をされた場合には、早めに医師の指導を受けることや、普段の食生活のバランスを意識したり、適度な運動を心がけることも大切になります。

更に、この脂質異常症のことを理解するうえで知っておきたいのが、コレステロールの知識です。コレステロールには善玉と悪玉がありますが、実際には同質のもので、通常リポタンパクというカプセルに包まれた状態で身体の各部位にコレステロールを運びます。その時にコレステロールを運搬する役割をするのが悪玉で、逆に余分なコレステロールを回収するのが善玉です。このうち、悪玉が多くなると脂質が体内に溜まりやすくなり脂質異常症の疑いが出てきます。

Copyright (C)2020さらばロングヘア生活.All rights reserved.